AGAのここだけ情報のメインimage
AGAがある程度進行している場合は、現状維持だけでは見た目にも効果は期待できないので、植毛や再生医療といった治療があります。

AGAの治療と種類

男性型脱毛症のAGAは早期発見、早期治療でかなりの効果が期待できると言われています。

AGAの治療にはふたつの種類があります。

現状を維持することを目的にし毛髪は増やすことをしない、植毛や再生医療などにより毛髪を増やす方法です。

現状維持する場合は、それほどAGAが進行していない方におすすめだと思います。

薄毛が目立つ、頭皮の地肌がすけて見える程度ではありますが、まだ薄毛が目立たないという場合、それ以上毛髪を少なくしないという効果があります。

また、現在ある髪の毛を太く丈夫にすることもできます。

AGAは男性ホルモンが育毛や発毛を妨げることから起こるものです。

AGAの治療は男性ホルモンが育毛や発毛の邪魔をすることを抑制するものです。

従って、育毛や発毛のサイクルが正常化し、髪の毛そのものも丈夫になっていくと言われています。

現状維持で治療している方でも、髪の毛が丈夫に太くなることで、髪の毛が増えているような感じになる、という場合もあります。

男性ホルモンに働きかける薬として、飲み薬が処方されることが多いです。

AGAは専門のクリニックがありますのでまずはそこでカウンセリング、そして頭皮の状態などを診断します。

ちなみに東京でしたらメンズヘルスクリニック東京(旧城西クリニック)がAGAの専門外来を行っていますので確認してみてください。

診断後、希望者には治療が行われます。

おおまかな目安として一ヶ月に一度通院し、診察の上飲み薬、もしくは塗り薬が処方されるようになります。

PICKUP記事

SIDE MENU


Copyright AGAのここだけ情報. All Rights Reserved.